自己認知/自己同一性と言語表現の乖離

アメリカ生活1年目の年、自己を表現するために口から発せられている言葉と、自己認知が大きく乖離し、自分が自分でなくなるという不調和を経験、アイデンティティクライシスが起こった。

ベルリンに来てドイツ語を集中的に習得し始めたことで、英語、日本語もおぼつかなくなり始めた。処理スピードが目に見えて落ちている。もちろんドイツ語では表現できないわけだから(自己表現どころか、他者が言ってることがまずわからない)、どの言語でも言葉がうまく出て来ない、そもそも考えが浮かばず空白になる状態に頻繁に陥る。思考は言語を以てするものなので、「考え」が浮かぶ手前のところでスタックしているわけだ。ふたたび、自己認知と言語による自己表現の乖離が置き始めている。言語表現と自己の間に溝があるということは、要するに、自分を言語を使っては思うように出せないわけで、結果、他者による私の認知にも影響してくる。そして、「ほんとはこうじゃないのに。他者は私をこう捉えているんだろうな。」という思いが生まれてくる。実際、それはある程度正しいだろう。他者は私を、日本にいた時の私のようには認識しない。なぜなら私自身が違う行動を表出させているから。もともと日本語でも、人の話を聞いている方が得意という性質と、成長フェーズで「蛹」にいて、他者に伝えたいほどの思考や意見が減少しているのもあり、私の沈黙度は拍車がかかっている。そうすると、「話さないけどなんとなく漂ってくる雰囲気」「存在感」「空気感」とやらで判断されていることになる。だって、ただ座ってるだけのことが多いから。

日常生活では時として不満足に繋がるものの、今は(わたしの)命と存在にぴったりと一致しているので、乖離プロセスにある私こそが「今の私」であるという、瞬間瞬間移り行くアイデンティティを生み出すことができている。アイデンティティという言葉があってるかわからない。「移り行く」という形容詞と「アイデンティティ」の定義は相反しそうだから。でも、移り行くアイデンティティだ。これはディスインテグレーションでもある。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s