感謝の瞑想

瞑想、座禅といったものに関心を持ち始めたのはおよそ10年前。大学生の頃だった。それから、色んな種類・流派を体験した。時にはまったく離れてしまう時期もありながら、自分の無意識を探求し、魂と繋がり、知恵を培う時空間である瞑想をのらりくらりと続けてきた。友人曰く、「種を持ち続けた」。

じょじょに自分の生活に浸透してきたのはアメリカに住んでいる頃。「多感な時期」とは10代の思春期に使う表現だが、私にとっては20代こそさらに多感な時期で、迷ったとき、苦しい時、心を鎮めたい時に座った。

それが、自分の中で「あ、毎日座ろう。」とごく自然に切り替わった瞬間があった。今年の6月だ。毎日座るように努力して日課にする、I try to sit everyday ではなく、毎日座る、I sit everyday。自分の内側から能動的に、空気を吸うがごとく不可欠なものとなるのは、こういうことなんだと実感した。瞑想会や禅堂でおこなうほど長時間はやっていないが、毎朝5〜20分座っている。

今朝はまた切り替わる「その瞬間」があった。私は直観的で大らかでおおざっぱなのだが、一方、実は小心者でものすごい細部にこだわる。プランを立て、ロジカルに整理をして物事を進めていく。事前準備は怠らない。カバンの中にはいつもなぜだか「◯◯持ってない?」と友達に聞かれた時にさっと出せるようなものが入っている。ウェットティッシュとか、携帯の充電器とか、安全ピンとか、頭痛薬とか、糊とか。だから、朝、目覚めると頭の中にはTo Do Listが浮かんで、ちょっと心配気味に起きることがよくある。たまに、明け方の夢の中でさえconcernsが表れて、起きる前から焦っていることもある。心配性。そうすると、寝ている間も胸や肩のあたりは固く収縮し、疲労を貯めてすっきりしないまま起きる。

今日も首、肩、肩甲骨のあたりをほぐしながら瞑想に入った。一昨日、青山の禅堂で長めの座禅をしたので数分で深い状態に入っていけた。体全体へ意識が周り、頭で思考をしながらも身体感覚を保持する。背中や腹筋の微妙な筋肉の位置を整えた。

そしてふと、言葉が降りて来た。

「毎朝『あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。何時の電車に乗って何をするんだっけ?』と考えて胸をきゅーっとさせる前に、こうやって温かいお布団で寝られて、五体満足で起きられて、生い茂る木々の向こうに透ける青空を朝から見られ、好きなことをして日々を過ごせることに感謝して、幸せな気持ちになればいい。」

頭の中の自分が囁く、というのでも、空から知らない誰かかが話しかけてくるのとも違う(それは幻聴!)。文字通り、自分に降りて来る言葉。魂からの知恵。

言葉に従って1つ1つに感謝をしたら、頬の筋肉が緩み、舌が落ち着き、背中の凝りからくる痛みもすーーっと消えて体が温かくなってきた。

チベット・ハート・ヨーガでやる感謝の瞑想。ヨガの時に習った。頭では感謝の大事さを知っていて、感謝の祈りのマントラを唱えたけれど、実践はこれか!と悟った。

これが感謝の瞑想だ。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s