グラフィック通訳

グラフィック・ファシリテーターとしてお仕事をする時、クライアントの話す言語と、私がファシリテーションする言語と、紙にレコーディングしていく言語はすべて統一されています。日本語なら日本語。英語なら英語。

一方、グラフィック・レコーダーとしてお仕事する時は私が主だって舵取りすることはなく、ファシリテーターやメインのスピーカーが別にいます。そして、スピーカーが外国人で聴き手が日本人ということが少なくありません。こういう場合、ほぼ100%通訳の方が別にいます。例えば、アメリカから来日したスピーカーが英語で語り、通訳さんが日本語に訳し、会場は日本語で聞く。この時、グラフィック・レコーディングは基本的にオーディエンスに合わせて日本語でおこないます。

グラフィック・レコーディング(ファシリテーションもですが)はとにかく「聞く力」と「書くスピード」が命。誰かが話している言葉を記憶し、簡潔/短縮にし、その情報を紙面のどこにどうやってレイアウトするかをデザインし、実際に書き記していくのを、瞬時瞬時におこなっていきます。

なので、通訳さんが話すのを待っている間に、スピーカー本人の言葉を聞きながらレコーディングしていった方が時間的効率は断然いいわけです。となると、英語で聞いた言葉を自分で訳して日本語でグラフィック・レコードして、通訳さんの日本語は確認のために聞き直す、という作業になります。

これって、新しい、視覚的な通訳の方法としておもしろいんじゃないかな〜?と思いついたわけです。

しかも、耳が聞こえない人にもいいんじゃないの?

手話通訳ならぬ、グラフィック通訳。

Performative通訳

新しい通訳の形を提唱します!

パフォーマティブ通訳。

私は逐次通訳のお仕事もしています。従来の通訳 ー例えば、ビジネスにおける提案や交渉時に求められる、淡々と言葉の意味を汲み取り、どちらかと言えばパーソナリティーを取り除いた平面的な通訳ー は依頼されれば、もちろんお引き受けします。この前も、日本の市場に参入したい米企業が、日本での事務局を代行してくれる日系企業に対してRFPを募集していて、その提案書プレゼンの通訳をしました。

でも「コミュニケーション・プロセス・デザイン」という切り口から見た通訳は、この淡白型(descriptive) 通訳とはちょっと違うんです。

それがパフォーマティブ通訳。

これは、

  • 自己の内面や他者との「対話」を重視するワークショップなど
  • 強い存在感や雰囲気を持つ人がスピーチする時
  • それらが外国語(私の場合は英語)で行なわれる時

に必要な通訳だと考えています。

こういうケースでは、通訳士の役目は、単に通訳する相手の言葉(その背景に潜む文化的コンテクストも含めて)を日本語として意味を成すように訳していくだけでは足りないと思っています。なぜかと言うと、話し手の根底にある世界観や理念、話にはのぼらないけれど話し手が日々関わっていることなどを通訳士が理解し、共感し、話し手が言外で伝えるユーモアや情熱といったメッセージをも通訳の中に含めていかなければ、意味が半減してしまうからです。「言葉」だけに集中し、話し手の人柄、生き方などを軽視した通訳では、価値がまったくなくなってしまうことだってありえます。

だから、話し手の熱のこもった声や、興奮してきらきらと潤んだ目までも伝えるパフォーマティブな通訳がいてもいいんじゃないかなーと思っています。

パフォーマティブ通訳をする必須条件としては、

  • 私自身が、通訳する相手の哲学を理解、共鳴している
  • 組織開発やコミュニケーションなどの同じ畑にいる、あるいは似たようなビジョンの元で活動している

といった点です。

ここがクリアしないと、私が気持ちを込めて語りかけることができないから。

これまでこんな人たちの通訳をしてきました。

外国の人が日本人に何かを伝えたい、日本人が外国の人の話を聞きたい、(またこれらの逆)、というコミュニケーション欲求を満たすのが通訳。だから、通訳も「コミュニケーションのプロセス」だと思います。そのプロセスをいかにデザインするか。それが私の通訳の在り方です。

とかなんとか言って、通訳しながら、勝手に自分の想いを話しているみたいな錯覚に陥って興奮してしまうだけだったりするんですが。