祈りとお金は同じもの

8月20日から9月4日まで北カリフォルニアのベイエリアに帰っていました。第2の故郷として焦がれてやまない地。8月26日から9月2日まではバーニングマン。5年振りに訪れた砂漠は、異国の地、ベルリンに移り住んだばかりの私にとって十分過ぎるほど「ホーム」でした。どこに行けばいいか、何をすればいいか、どう振る舞えばいいか知っているープロトコルが脳内に組み込まれていることで人は安心感を得るのだと、ドイツからアメリカに行ってみて気付きました。日本ードイツでも、日本ーアメリカでも気付かなかっただろう第3の橋がゆっくりと築き始められた。
 
バーニングマンでは商業活動(バーニングマンオフィシャルが運営するセンターキャンプカフェと、バイタルな氷販売以外)が禁止されている。一方で、フェスティバルに参加するためには高いチケットを買い、砂漠で生き抜くための食料やシェルターを全部準備しなければならないので多額のお金がかかる。この二律背反は批判の対象によくなるのだけど、私はこれでいいのだと思っている。ブラックロックシティという都市を毎年1週間だけ作り、商業活動ではない別のエコノミーを実践する、その「習わし」を毎年踏襲することが大事なのだ。芸術作品は永続性があるかないかで価値が決まるわけではない。365日持続していなければ意味がないわけではない。リチュアルには機能がある。限られた時間だけでも試していくことが重要だ。その体験から得られたマインドは、回を重ねるごとに徐々に普段の行動を侵略していく。Positive Infection.
 
私はお金に付与された不要な心理的意味を洗い流し、お金が本来持つ純粋な機能を際立たせたいと思って今の生活を始めた。信頼を積み重ねた仲間が渡してくれるお金を礎として、あるがままの生き方に近づいて行く。お金とはカレンシー。流れるもの。エネルギーだ。人間が生み出した極めて精神性の高い道具。
 
何の契約も約束も返済もお願いごとも求められていないお金を手にした。いつ何にどう使おうと私の自由。散財してもいい。ナホらしく生きることだけを願ってくれる22名から、世界と人間を探求する時間を与えてもらった。彼らはお金という形で私に愛情を届けてくれている。言葉で応援するだけ、心で念じるだけではないコミットメント。私がどんな可能性を見出すかを楽しみに贈られるお金。
 
「祈りとお金は同じ。」
 
こんなフレーズが急に降りてきた、今日の帰り道。
 
お金と祈りは結局のところ、同じものになり得るのだ。エネルギー体であるという性質を同じくしているだけでなく、どんなエネルギーであるかという特徴すらも同一でありうる。(※お金がお布施のように神聖なコンテクストで用いられることは多々あるけれど、私たちの実験には宗教や信仰が絡んでいず、世俗的で感情的な人間同士の愛という関係性においてお金が巡っているところが大切なポイント。)
 
お金は様々なエネルギーを生み出す二次的(メタレベル)エネルギーだ。さまざまな行動を可能にしてくれる。ただ留意すべきは、すべての行動、活動にお金が必要なわけではないこと。だから、生きるためのどこにお金が必須で、どこは必須ではないかを見極めなければならない。この線引きが大事。なぜなら、何にでもお金は要るものだという前提で生きてしまっているのが現代社会の発達した都市部に住む私たちの固定観念だから。ここをディコンストラクトしていこう。

流れる

ビザ申請のために私に美しい推薦状を書いてくれたアーティストのスタジオに遊びに行ってきたよ。彼の作品は基本は木版画だけど独自の手法を編み出していて、私たちが木版画と聞いてイメージするものとは違います。サイズは2x4メートルといった巨大なものばかり。圧巻でした。アートモチーフは何かと尋ねたら「僕の哲学だよ。哲学を言葉で書かずに僕は視覚的に表現するんだ」と言っていました。

マホガニー製の巨大な円形の水で渦を作る装置(水の動力を利用している。渦の中心に人が立っても水がかからないように設計されている)の小型版がスタジオにおいてあったので、水を入れてもらいました。作った動機は「渦の中心にいるのがどんな気分かを溺れることなく体験してみたかった」からだそう。さすがアーティストな発想!水は一番早く流れる道筋を選ぶ性質があるそうです。Water naturally chooses to move the fastest. I’m very fascinated with the fact!

他に、酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出すの私たちの呼吸の性質を利用して、人の吐く息を貯めていってダイアモンドを作る装置を化学者のお父さんと共同で開発したのだ!!!彼の息でできたダイアモンドも見せてもらいました。

絵画、版画、建築、工学に物理学、化学まで使ったアート作品たち。

Martinとの会話でとても示唆的だったのは、化学の側面から言うと、この世界で物質は「無くなる」ことは決してない、という事実。原子の繋がりや組成が変わることで質や形が変わるけれど、構成する要素は決して消えてなくなりはしない。常にこの世に存在している。木が燃えて灰になっても原子レベルでは同じ(バランスは変わるから物理的には木はなくなっているけれど)。

この言葉に、とある友人が言っていた「お金が減るのは勘違いだと思う」という意見を思い出した。お金を払ったり消費して、お金がなくなる、減ると認識する私たち。でも、本来は手元からお金がなくなる、減っているのではないのかも。お金を使うことは化学変化と同じようもの。

ナホのいる生活を始めたのは、旧来的なお金の観念のように私が「払う」「消費する」「取られないように守る」のではなく、私の体をメディアとして、お金というエネルギーが流れてく(currency)状態にしたい想いがあったから。化学からヒントをもらった夜でした。