Dive into Your Deep Ocean

In Tokyo, Japan, I throw a workshop called, “Visualize Your Process.” It consists of three weekday evening classes. Each has three hours. In total 9 hours.

In my practice, “Communication Process Design,” it’s essential to explore deep inside of self and find out how one communicates with others as well as within oneself. In order to discover it, visualization is one of the powerful methods. The term “visualization” might remind you of drawing and painting. Yet, in my opinion, visualization includes simple thinking, as long as it’s consciously processed. Visualization could mean story-telling while imagining its scenes in your mind. Visualization could refer to verbalizing unclear emotions through sounds and onomatopoeia. Visualization could be somatic movements.

The “Visualize Your Process” workshop allows participants to free up their “in-the-box” thinking and tap into their creativity by self-reflection, pair interview, group dialog, and Graphic Facilitation. As the final deliverable, every participant designs and creates one visual mapping.

In July 2011, I facilitated the third season of VYP, and specially focused on the impact of 311 on individuals. I added a sub line to the title, “Dive into Your Deep Ocean.”

Four months had already passed since the historical crisis in Japan at that time. We crawled and stumbled everyday to tackle the outrageous situation. We were too preoccupied to try to run the political, economic, and social system. We didn’t have time and space to take a pause, chew, and diget what had happened and were still happening to us. There were urgent yet covert demands for “time for processing” arising.

So, I redesigned the VYP workshop to meet these demands. I hoped that my workshop gives people an opportunity to revisit their value systems and touch their true emotions.

Participants learned the basic skill of Graphic Facilitation while spending the decent amount of time for his/her-own to think through the past, feel the present, recall the past, recapture the present, and imagine the future.

On the first night, the participants did pair-interview based on the four questions: “What brought you here?” “What emotions are behind it?” “What happened to you on 311?” and “How do you feel now?” Then, they made a reflection map to illustrate their short history between 311 and now.

On the second night, the participants picked up a few points from the map that most affected them. Besides, they added new factors that the map had missed out. Then, I asked them to describe these significant elements by means of emotions, forms, shapes, colors, sounds, smells, and mental images. At the end, they “rephrased” these abstract words into concrete key words and clear visuals.

With all these parts prepared, on the third night, they drew visual maps to show where they stand at the very moment.

Some of the participants had never heard of or seen Graphic Facilitation. Most of them felt intimidated about drawing. Nonetheless, the only three evening classes quickly enabled them to visually understand and express themselves amazingly. Moreover, it became an eye-opening experience for the participants to take time for the active self-reflection. They realized how important and influential it is to communicate within oneself, and share the inner journey with others.

To survive, we must keep on moving forward. We have to maintain our everyday life while striving to address the problems. More and more fatal issues swallow us like tsunami and we are almost drawn. Nevertheless, at times, I believe that we need to pause for a moment, looking back, looking around on our sides, looking down to the earth, and looking up to the sky. It definitely makes us feel secure and safe to “ping” our current position on the map of uncertainty, even though we are ever-changing.

Finally, this is my mind image that greatly influenced who I am right now: The scenery of the Himalayan in Dharamsala, India.

What the heck is Communication Process Designer?

It’s been almost 1.5 years since I started working as an independent professional.

What do I do?

I have my own practice called “Communication Process Design.”

What the heck it that??

Well, this is neither an established job title nor even an existing professional field. Nothing like this out there yet though there are plenty of like-minded people. Communication Process Designer is indeed my dream job and what I wanna be. Nonetheless, since Day 1, when I first called myself such, I’ve already been ‘it.” That’s me. I’m Communication Process Designer.  In other words, I’m living my dream in a sense!!! Isn’t it cool?

Communication occurs anywhere as long as humans exist. But, we tend to pay more attention to “what to say,” or contents, than “how to say,” or process. Because we speak language and communicate with others everyday, we think that we “are able to” communicate well. However, reality is quite different. The world is filled with misunderstanding. Are we incapable of communication?

In my opinion, we badly underrate the importance of “process” of communication, while preoccupied with “what I wanna tell you.”

“You know what I mean?” 😉

My point here is, instead of repeating “you know what I mean?”  we should reflect upon how we convey our messages.

Therefore, I’m determined to be an expert in designing the process of communication. Whether it’s verbal or non-verbal; whether it’s intra-personal, inter-personal, group, organizational, community, national, international, or global; whether it’s corporate, not-for-profit, or volunteer; whether it’s physical, mental, or spiritual,  I collaborate with people to design more creative, more innovative,  more effective, wilder, and more powerful communication ways.

Specifically, my services (all can be offered JPN/ENG bilingual) ranges following:

Coaching

  • Career visioning coaching
  • Presentation coaching

Facilitation and Visualization

  • Graphic facilitation+recording
  • Process recording (creating live collage)
  • Workshop and training design+facilitation
  • Strategic meeting design+facilitation
  • MC
  • Moderator

Produce and Direction

  • Event and conference planning+operation
  • Space design for event, workshop, and conference

Cultural Competencies

  • Cross-cultural/Inter-cultural/multi-cultural communication training
  • Academic/Business English writing (for Japanese)
  • Performative interpretation (ENG-JPN, JPN-ENG)
  • Translation (ENG-JPN, JPN-ENG)

Organization, Community, and System Design

  • Organizational design and development
  • Face-to-face/virtual team-building
  • Community building
  • Global network weaving

I believe, already now and by far more in future, that we require such a job as Communication Process Designer who sees multiple dimensions in communication, excels in the areas above, and thus is able to create holistic and systemic approach towards our world.

Reflection on Actions

新しい人に出会っても、昔からの仲間と集まっても、必ず受ける共通の質問:

「仕事は何やってるの?」

答えは

コミュニケーション・プロセス・デザイナー

「人の営みはすべてコミュニケーションに収束する」というのが、私の世界観を構築する反証のしようがない前提(underlying assumption)としてあります。真理、とでも言うのでしょうか。ここで言うコミュニケーションには、言語、非言語、意識下、無意識下、対他者(1対1から対複数まで)、対自己。さらに、異文化間、多文化間、グローバルなど、さまざまな種類と層が含まれます。

そして、人が集まると組織が形成されます。家族でも、ボランティアでも、友達の集団でも、企業でも、何らかの組織体として捉えられます。だから、人と組織あるところにコミュニケーションあり。

そんなコミュニケーション、「何を伝えるか」の重要性は説かれ、みんな意識を向けて一生懸命になるけれど、「どう伝えるか」の重要性や方法論は軽視されているなぁと感じる場面が多々あります。だから世界はこんなんなっちゃってるんじゃん、と。人は1歳ちょっとの頃から言葉を操り始め、日々コミュニケーションをするので、デフォルトな故にその難しさが見えなくなり、必要な力や技術を育てる環境や仕組みができていないんじゃないかと。コンテンツのプロフェッショナルはどの分野にもいる。だから、それはその人たちに任せて、自分は「プロセス」のエキスパートになろう、という思いで始めたのがコミュニケーション・プロセス・デザイナーです。

2010年上半期は加速的に忙しくなり、久々にギアチェンジしないでアクセル踏み込みまくってました。夏になる前に一段落ついたので、何をしてきたか振り返り。

  • 未来を創るワークショップでグラフィックレコーディング
  • R水素ネットワークでデンマークにあるR水素コミュニティへ取材&ネットワーク構築
  • アダム・カヘンのシンポジウムでグラフィックレコーディング
  • greenz.jp とgreen drinks の新企画プランニング
  • 某米企業の日本進出に関するコンペでの通訳
  • R水素ネットワークで米グリーンテクノロジ—企業とのネットワーク構築
  • 某日系企業内の横断的対話を生み出す仕掛け作り
  • 青山学院大学、青山コミュニティラボでのホワイドボードデザイン
  • ボブ・スティルガーの来日講演でグラフィックファシリテーション
  • 某外資系IT企業の人事/教育のお仕事
  • Dialog Bar 西村氏らとArt of Hosting Japan 開催
  • TEDxTokyo の企画運営統括、チームデザイン
  • TEDxTokyo yz の立ち上げ、コミュニティビルディングとver. 1.0 の開催。初MC!
  • 某米系企業と某省庁の商談の通訳
  • ハワイで開催のThe World Congress on Zero Emissions Initiative の運営サポート
  • などなどなど

コミュニケーションのhowに関連するレパートリーを増やすべく、社会企業、教育、環境、ビジネス、地域活性、都市開発、、、、多岐に渡る分野で、組織形態(for profit, not-for-profit, volunteer, etc.) 、セクターや国の垣根に囚われずに活動しています。

プロジェクトを興し、その中心となる組織をゼロから育て、その組織内だけに収まらないステークホルダー全体を鳥瞰しながら長期的に流れる仕組みを作り、組織内でのプランニングをし、行動に落とし込み、結果を出し、フォローアップをし、調整し、組織の発達段階に合わせてリデザインし、それに準じて仕組みにも手を加え、、という幾重にも連なる入れ子構造的なプロセスのデザイン。これをグローバルなレベルで、しかもローカルにも配慮しながら実行していくプロというのがこれから必ず必要になる。コミュニケーション・プロセス・デザイナーとはそういう仕事だなーと思い描きながら、毎日実践しています。

TEDxTokyo meets TEDxCopenhagen

毎度ながらブログをアップデートするのがのろのろですが、3月12〜21日までデンマークに行っていました。主な目的は、私がコアメンバーとして活動しているR水素ネットワークのお仕事(また別エントリーでブログ書きます)。その前後にちょこっと時間を取ってコペンハーゲンと南スウェーデンを見て回りました。

コペンハーゲンの街並みコペンハーゲン中心街

美術館・ブラッグダイアモンド

コペンハーゲンの第一印象は、スカンジナビアの質実剛健で生真面目なところと、西ヨーロッパの小粋で開放的なところが絶妙に混ざり合っている感じでした。行き交う人びとは「どこで買ったの?」と思わず声をかけたくなるようなスタイリッシュなブーツや斬新なカットをしたコートを着ていて、帽子とスカーフなどの小物使いも上手。でも、乗っている自転車は前にカゴのついた、日本でもお馴染みの古ーーい年期の入ったママチャリだったりして。そう、自転車の多さには驚きました!アジア並み。だけど几帳面なお国柄なのか、赤信号はしっかりとラインの内側で待ち、しかも一台一台ちゃーんと列を作っている。こういう何気ない人びとの行動習慣を発見していくのが、旅先の楽しさでもあります。

無防備に停められた街角の自転車

出発の2日前、せっかくコペンハーゲンまで行くのだから誰かと会いたいなと思ったけれど、デンマーク人に直接の友達はいませんでした。「んー、どうしよ。」とちょっと考えて、「TEDxCopenhagenのオーガナイザーに会ってみよう。」と思い立ちました。早速、TEDxCopenhagenのウェブサイトの連絡フォームにメッセージを書き込んでみると、「TEDxはこうやって世界にネットワークを広げてくれて嬉しい。ぜひ会おう!」という返信がfounderの人から直接届きました。出発直前に届いてよかった。「やったぁぁぁ♪」と小躍りしながらパッキング。founderの名前はLærkeと書いてありましたが、性別も発音の仕方もいまいちわからないまま出国。あとから教えてもらったのですが、Lærkeとは英語のLark、「ひばり」ちゃんだそうです。

成田から直行便のSUSでコペンハーゲンまで9時間弱。思ったより全然近かったです。ちょうど成田ーサンフランシスコがこんなものなので、機内に入って2時間して最初の食事、それから寝て2回目のご飯で起こされて、食べて1時間くらいしたら着陸、という慣れたコースでした。着いた日の午後はロイヤルコペンハーゲンの経営するカフェに行って、ロイヤルコペンのカップでおいしいカフェラテを飲みながらフリーwifiを満喫。夜はGreen Drinks Copenhagenも行なわれているというオーガニックレストラン、BioMioでディナーをして終了。

ロイヤルカフェ

翌朝、Lærkeが愛用のグリーンの自転車に乗って宿まで迎えに来てくれました。小柄なアジア人女子は私しかいなかったので、ロビーですぐに見つけて声をかけてくれました。Lærkeは真っ白くふっくらとした頬、きゅっとした鼻、淡いプラチナブロンド、「the 北欧」といった容姿の女性。中心地から少し西に外れたところ(と言ってもコペンハーゲンは小さいので徒歩圏内ですが)にある彼女の行きつけのカフェでデンマーク風ブランチをいただきました。

ハニーヨーグルトおいしかった!

午後は市内を横断するようにお散歩。Lærkeが働いている会社、Wemindのオフィスにも連れて行ってくれました(偶然にも彼女は私と同業♪)。これがまた、北欧ってこうよね!というイメージそのもの。古い建物の内部がリノベートされた、広いステュディオタイプのオフィス内に、洗練されたモダンな家具とアートが無造作且つセンスよく配置されている居心地のいい空間でした。羨ましい。

オフィスのあるビルのドアを開けるLærke

ああ、広い!

前に借りていた人たちはアーティストだったらしく、壁には絵が描かれていました。

電柱と切れた電線

キッチンには小鳥たち

マガジンラックと古いラジオ

トイレのドア

この空間の取り方は日本人にも似てる

このエッジのきき方がコペンハーゲンか

ポストイット

薪で埋め尽くされている壁

土曜日だったので、Lærkeはこのスペースを解放してヨガワークショップを企画しており、続々とコペンハーゲンのヨーギ達がやってきました。というわけで私は、仕事が終了してからLærkeと再会することを約束してオフォスを後にしました。TEDxオーガナイザーとしての繋がりだけでなく、今後、お互いの国で仕事のプロジェクトを起こそうと盛り上がりました。楽しみだな〜。

グラフィック、そしてプロセスレコーディング

2月20、21日は「未来を創るワークショップ」に参加しました。これは「偶然の未来を必然にしてしまうための閃き」を得るプログラム。1日目はグラフィックレコーダ—として、2日目はプロセスレコーダーとして作品創ってきましたよ。

1日目の午前中は榎本英剛さんのストーリーに沿って、ヒストリーマップを描きました。まずはアメリカから持ち帰ったコーチングを日本に広めるべく、CTIジャパンという組織を立ち上げてコーチングの礎を築きました。続いて、イギリスよりトランジションタウンという構想を学び、神奈川県で実践し始めました。さらに、南米のインディアンが受け継ぐ知恵を、“Change The Dream” という活動を通して日本人に教えていらっしゃいます。ゴールやビジョンを明確にすることがよしとされる傾向にありますが、それだけに囚われるのではなく、自分の内なる声に耳を傾けて流れるままに進んで行くことが、本当に描きたい未来へ近づく道だということを体得された方でした。

recorded by Naho Iguchi, photo by Junichiro Hiraoka

グラフィクレコードの説明をちょっとしますね。写真をクリックすると拡大したものが見れます。1番下の段は榎本さんの実際取った行動や、その時々で思ったことをレコードしています。真ん中は、地理的な移動や、メインとなるプロジェクトについて記してあります。1番上の、オレンジ色のパッと光っている円で囲まれているのは、榎本さんの内なる声です。

午後は土屋さんというファシリテーターの方がAppreciative Inquiry (AI) を応用したワークショップをおこないました。AIは、自己内の気付き、他者との対話、ゴールを設定し、行動を起こさせ、変化を目に見える形にし、結果を確実に出していくという一連のプロセスをまとめたもので、組織開発の方法論として使われています。

recorded by Naho Iguchi, photo by Junichiro Hiraoka

半日かけて、大きくわけて3つのことをしていきました。最初は、2人組になって与えられたスキームに沿ってインタビューし合うもの。1時間ほどしたら、今度は6人程度のグループを作り、各ペアが何を話したのかを共有します。つまり、各グループに3組か4組のペアがあった、ということです。合計で7グループできました。1番左側のグラフィックは、各グループ内で話したことが何だったかを要約してもらい、会場全体で報告した時のものです。言葉を中心にキャプチャーしました。

次にまた、7つのグループに戻ってもらいました。それまでのアクティビティーでひっかかった言葉、「すごい」と感じた言葉を参加者はポストイットに書き留めていたので、それを並べ替えてマッピングし、全体像を比喩を使って表現するというもの。真ん中のグラフィックは各グループがどんなメタファーを思いついたかを絵で表しています。

右側のは、そのメタファーをもとに各グループで「描きたい未来」を決めてもらい、ロールプレイで表現したものをレコードしました。

2日目はプロセスレコーディングに初挑戦。何それ?って、言ってしまえばコラージュです。カメラマンの方が2日間の様子をずっと撮影していました。そのデータをどんどんプリントアウトしていって、その場で切ったり貼ったりコラージュを創っていくという作業です。見た方が早いのでこれ↓

created by Naho Iguchi, photo by Junichiro Hiraoka

写真が捉える臨場感というのもパワフルで、長い2日間を終えた参加者が、部屋を退出しながら最後にこのコラージュの目にして、立ち止まり、上から下まで何度も何度も見ては噛み締めている様子が印象的でした。

グラフィック通訳

グラフィック・ファシリテーターとしてお仕事をする時、クライアントの話す言語と、私がファシリテーションする言語と、紙にレコーディングしていく言語はすべて統一されています。日本語なら日本語。英語なら英語。

一方、グラフィック・レコーダーとしてお仕事する時は私が主だって舵取りすることはなく、ファシリテーターやメインのスピーカーが別にいます。そして、スピーカーが外国人で聴き手が日本人ということが少なくありません。こういう場合、ほぼ100%通訳の方が別にいます。例えば、アメリカから来日したスピーカーが英語で語り、通訳さんが日本語に訳し、会場は日本語で聞く。この時、グラフィック・レコーディングは基本的にオーディエンスに合わせて日本語でおこないます。

グラフィック・レコーディング(ファシリテーションもですが)はとにかく「聞く力」と「書くスピード」が命。誰かが話している言葉を記憶し、簡潔/短縮にし、その情報を紙面のどこにどうやってレイアウトするかをデザインし、実際に書き記していくのを、瞬時瞬時におこなっていきます。

なので、通訳さんが話すのを待っている間に、スピーカー本人の言葉を聞きながらレコーディングしていった方が時間的効率は断然いいわけです。となると、英語で聞いた言葉を自分で訳して日本語でグラフィック・レコードして、通訳さんの日本語は確認のために聞き直す、という作業になります。

これって、新しい、視覚的な通訳の方法としておもしろいんじゃないかな〜?と思いついたわけです。

しかも、耳が聞こえない人にもいいんじゃないの?

手話通訳ならぬ、グラフィック通訳。

Performative通訳

新しい通訳の形を提唱します!

パフォーマティブ通訳。

私は逐次通訳のお仕事もしています。従来の通訳 ー例えば、ビジネスにおける提案や交渉時に求められる、淡々と言葉の意味を汲み取り、どちらかと言えばパーソナリティーを取り除いた平面的な通訳ー は依頼されれば、もちろんお引き受けします。この前も、日本の市場に参入したい米企業が、日本での事務局を代行してくれる日系企業に対してRFPを募集していて、その提案書プレゼンの通訳をしました。

でも「コミュニケーション・プロセス・デザイン」という切り口から見た通訳は、この淡白型(descriptive) 通訳とはちょっと違うんです。

それがパフォーマティブ通訳。

これは、

  • 自己の内面や他者との「対話」を重視するワークショップなど
  • 強い存在感や雰囲気を持つ人がスピーチする時
  • それらが外国語(私の場合は英語)で行なわれる時

に必要な通訳だと考えています。

こういうケースでは、通訳士の役目は、単に通訳する相手の言葉(その背景に潜む文化的コンテクストも含めて)を日本語として意味を成すように訳していくだけでは足りないと思っています。なぜかと言うと、話し手の根底にある世界観や理念、話にはのぼらないけれど話し手が日々関わっていることなどを通訳士が理解し、共感し、話し手が言外で伝えるユーモアや情熱といったメッセージをも通訳の中に含めていかなければ、意味が半減してしまうからです。「言葉」だけに集中し、話し手の人柄、生き方などを軽視した通訳では、価値がまったくなくなってしまうことだってありえます。

だから、話し手の熱のこもった声や、興奮してきらきらと潤んだ目までも伝えるパフォーマティブな通訳がいてもいいんじゃないかなーと思っています。

パフォーマティブ通訳をする必須条件としては、

  • 私自身が、通訳する相手の哲学を理解、共鳴している
  • 組織開発やコミュニケーションなどの同じ畑にいる、あるいは似たようなビジョンの元で活動している

といった点です。

ここがクリアしないと、私が気持ちを込めて語りかけることができないから。

これまでこんな人たちの通訳をしてきました。

外国の人が日本人に何かを伝えたい、日本人が外国の人の話を聞きたい、(またこれらの逆)、というコミュニケーション欲求を満たすのが通訳。だから、通訳も「コミュニケーションのプロセス」だと思います。そのプロセスをいかにデザインするか。それが私の通訳の在り方です。

とかなんとか言って、通訳しながら、勝手に自分の想いを話しているみたいな錯覚に陥って興奮してしまうだけだったりするんですが。