Gin-yu-shi-sou (吟遊思想)

I bought a new book. Just a glance was enough to make a decision. The title goes, “Albert Einstein, Sigmund Freud, Warum Krieg? -Ein Briefwechsel Mit einem Essay von Isaac Asimov”

“Why War?”

A correspondence between Albert Einstein and Sigmund Freud contemplates on the biggest and not yet answered question. An essay by Isaac Asimov follows.

The book sets about with Einstein’s memorandum, “Für einem militanten Pazifismus.”

”Es gäbe genug Geld, genug Arbeit, genug zu essen, wenn wir die Reichtümer der Welt richtig verteilen würden, statt uns zu Sklaven starrer Wirtschafts-doktrinen oder -traditionen zu machen. Vor allem aber dürfen wir nicht zulassen, daß unsere Gedanken und Bemühungen von konstruktiver Arbeit abgehalten und für die Vorbereitung eines neuen Krieges mißbraucht werden. Ich bin der gleichen Meinung wie der groß Amerikaner Benjamin Franklin, der sagte, es hat niemals einen guten Krieg und niemals einen schlechten Frieden gegeben.”

“For an militant Pacifism”

“There would be enough money, enough work, and enough to eat, if we were to properly share the riches of the world, instead of making us slaves of rigid economic doctrines or traditions. First of all, we may not let our thoughts and efforts of constructive work prevented and misused for the preparation for a new war. I am in the same opinion with the great American, Benjamin Franklin, who said, there has never been a good war and a bad peace.”

The question is always there. Never leaves us. I came to Berlin with the same one that Einstein addressed. My experiment is a trial to find out an answer that makes sense at least to me: circulating love and money on the same scale,  making love and trust as an well-accepted currency in the market, and letting human potential abound, that our species intrinsically possess.

I believe that art will become the pillar of the next economic paradigm. This insight steers me to move here and make an experimental art. I coin a word to describe my current way of living: “Gin-yu-shi-sou” (吟遊思想)。  Shi-sou means thoughts and ideas. Gin-yu comes from the word, “Gin-yu-shi-jin” (吟遊詩人),  which means “Bard” or “Minstrel.”  In Japanese, it’s also named  巡遊伶人.

Values and Powers attached to “Money” and “Work”

I do what I want each day to the extent that I can offer and serve for a day. I pour as much energy as I’m meant to for a day since the sun breaks darkness until the eyelids are shut and invite another darkness. The just perfect amount of responsibility is exerted day by day. No exceeds. No scarce. This is how I work.  It is one angle of multi-dimensional truth that I have luxury of such a working style because neither on the payroll nor contract am I. Professionalism isn’t bound to Money.

Money raises expectations that we get from others and puts extra responsibility upon our shoulders, which is actually crucial for us to act socially, behave conscientiously, gain credibility, and proceed with maturity.

On the other hand, absence of such expectations, responsibility, and obligations extra-added by money allows me not to be in a haste but free from overloaded stress and pressure, and gives me ample time and space for completely resting the body, mind, and heart everyday. As a result, I’m highly alerted in every moment and aware of my breathe, postures, muscles on the face, and clench of the teeth. It is In this state of consciousness that I can give full presence to people around me. Mindfully I catch what is expected “right now,” which isn’t written in a document or specified in a conversation. Perfectly in line with my philosophy of living and dying. Stretching myself at the just about right length. Working gracefully like drawing an arch of the crescent.

Living a life is to work. Working is to fully maximize one’s capacity, use up all the functions that we are intrinsically equipped, then dying. Why not are our lives as simple as this: go to sleep after exhausting all you have for a day until the sunshine wakes you up? It’s fun to earnestly develop strategies and tactics to produce value-added, increase marketability and yield big outcomes. Beautiful stories are often bi-products of economic success. It’s seductive to reach to and go beyond the extreme. I like it also. But, if we are always required to exceeds our limit every day and night, and if society blindly conventionally force its citizens to do so, then we eventually fail to keep up and overwhelm.

When an individual is overloaded, it is no wonder that the society that contains such individuals become overloaded. This is where we have been over decades, I reckon. On this planet, there are more and more people who are extremely overwhelmed yet sadly too dull to be aware of own wounds and shackles. Consequently, many countries and governments are chocked up and suffocated, aren’t they?

We need to shed lights on and redefine the following:

1)The values and power we attach to money.

2)The extent of responsibility pertaining to ourselves that we are expected to exert based on the values added to money.

3)The extent of responsibility pertaining to others that we are expected to exert based on the values added to money.

4)Our cognitive behaviors that are automatically generated by blindly reacting to the responsibility that money sets to us.

5)Our psychological processes that are automatically generated by blindly reacting to the responsibility that money sets to us.

(JPN)

やりたいことをやれる量だけやる。その日その日の自分の発揮できる責任を完全に果たす。そういう働き方をしている。お金が絡んでないからそういう働き方ができる、という現実の1側面がある。お金が絡むことでプラスαで生まれる責任は社会を成り立たせる上で重要だし、人間の良心や成長のためにも多大な効果を生み出しているだろう。

一方で、このプラスαがないから、あくせくしないし、過剰なストレスもないし、体と心をいつも休ませてあげられて、だから周りへのアウェアネスが常に高くあれるし、求められていることを敏感に感じながら、自分の生き方の中で無理なく、でも伸びしろにちゃんとリーチした、しなやかな弧を描くような働き方ができている。

いのちが生きる=働く(本来持っている能力、機能を発揮して死ぬ)とは、その日その日でできることを遣り尽くして眠りについて、また朝を迎えることではないの?と思うのだ。社会的付加価値や市場価値のためにがんばり大きな結果を生み出すのは楽しいし、美しい物語を生む。極限を越えるのは麻薬的だ、私も好きだ。だけど、それが大前提というか、慣習的になってしまうと人間はキャパオーバーになる。言わずもがなで「そうじゃなきゃダメだよね」というような。

個人がキャパオーバーになれば、必然的に社会もキャパオーバーになるよね。ここ何十年は、そういう人が地球で増えてて、結果、色んな国がきゅうきゅういってるんじゃないのかな。

お金に与える価値と、それと共に発生する自己と他者への責任の大きさと、責任に伴って生まれる心理的影響や認知行動の「無意識化」され「クリティカルシンキングしなくなっている」部分を照らして、再定義するのが大事だなーと思った。

Psycholinguisticな日本語とドイツ語の話

9月より本格的にドイツ語に力を注いでいます。ヨーロッパでは土地柄、他/多言語を学ぶのは当たり前。カフェでよくタンデムを見かけます。違う母国語同士の人がペアになってお互いの言語を教え合うこと。私もドイツ人の友達とタンデム始めたよ。彼は日本語の他にスウェーデン語、フランス語、ヘブライ語も勉強中。驚異的だよねw

ヨーロッパには言語習得の難易度を表す「桃栗3年柿8年」のようなフレーズがあるらしい。誰かが単に言ってただけかもしれないけど。なんだったっけな。「イタリア語1年、フランス語3年、ドイツ語30年」だったような気がする。それに、こんな映像が作られちゃうくらい、ドイツ語はヨーロッパである意味「ネタ」な言語の様子。

How German sounds compared to other languages

日々ドイツ語が耳に入れば集中して耳を傾けて、機会があればドイツ語を話すように心がけます。ベルリンは名実共にな国際都市だから、かなりの確率で英語が通じる。ベルリンに3、4年住んでるけれどまったくドイツ語話せませんって人は山ほどいるみたい。それでも生きていけるくらいドイツ人の英語習熟度が高いのと、外国人の比率が高い街なのだ。引っ越して間もないこともあって、まだまだドイツ人友達の数が少ないしねー。だから隙あらばドイツ語を聞き、話そうと意識を高く持っておかないと、ドイツにいるのに案外触れる機会は少ないのです。

必死にドイツ語の音をピックアップし、文法を学んでは実際に話したり書いているうちに、第1言語、第2言語に影響を及ぼし始めてるなーとここ数日で気づきました。例えば、ドイツ語では名詞の先頭を必ずキャピタルレターにします。英語では文頭と固有名詞だけキャピタルにすればいいんだけど、気づかぬうちに英語でもすべての名詞の最初をキャピタルで書いてしまっていたり。

ドイツ語でもう一つ特徴なのが動詞の位置。基本的な文章では動詞が2番目にきます。「セカンドポジション」「セカンドアイディア」などと言われるルール。そのかわり、文章の先頭は常に主語じゃなくてもいいし、2番目に動詞を持ってきたら、その後に続く単語はそこそこの自由度で並べ替えが可能(いちよう大まかな法則はある)。これを無意識のうちに英語にも適用し始めちゃってるみたい。英語を書いてると頭の中で二つの言語の文構造が交わり始めて、まるで靄がかかったような視覚的に不透明な感覚に陥って、どこに動詞を置いたらいいか、どこに強調の副詞や否定語を挿入すればいいか、だんだんよくわからなくなって、ほんの一瞬なんだけど手が止まる現象を体験しています。目では自分が打っている英語を見てるのに、目から得た情報を処理する脳みそ側がドイツ語で行われてるというか。

英語とドイツ語はアルファベットがほぼ同じだし文法が似ているから、混同する現象が起こるのは理解しやすい。だけど、同じような認知上の「ズレ」が日本語にも起き始めているんだよね。びっくり。日本語の文章を読んでいるのに、「なんだこれは?何を言いたいのかよくわからないぞ。」と首をひねってしまう。「単にわかりにくい日本語なんじゃない?」という突っ込みがあるだろうけど、私が体験しているのはちょっと違うもの。「そんな日本語じゃ何言ってるかわからん!」ってなつまらない講演や、長々と書かれた的を得ない意見のようで意見じゃない文章(よくあるねw)に対する、「わからんよー」という反応は、意味論(シマンテック)や運用法(プラグマティクス)の範疇。でも、私が日本語に対して抱き始めている違和感現象は、文章構造を作りだす法則=統語論(シンタックス)の範疇。言語を司る脳みそのどこかで、何かしらの変化が起きてるみたいなんだよね。英語と同じことが起きてるのだとしたら、恐らく、日本語の文章を読んでいる(視覚情報として日本語が入ってくる)にもかかわらず、それを処理する脳内プロセッサーはドイツ語設定、ということだ。これによって何が起きるかというと、まず、さっき英語について書いたような視覚的なぼやーっとした感じになる。日本語の文章が融解/分離していくような。文章が文章としてとどまってないというか。パソコンの画面に映る日本語が少し遠く感じるというか。なんだろう。うーん、新しい体験だから的確に文字で描写できないねぇ。とにかく、視覚的なぼんやりした感じが脳内に広まり、そうすると意味もよくわからなくなってきて、浮かんでくる質問は

「この部分の行為者は一体誰?」

「この文章の行為の受け手は一体誰?」

「この部分は何を対象にして、誰に向けて、何の話をしてるの?」

「これって結局誰のことを指してるの?」

曖昧模糊とした文字の羅列に頭がついていけなくなっていくの。簡単にざっくり言ってしまうと、各文章の主格と目的格、そして文全体の意図(誰が誰に向けて、何について話しているのか)を語彙表現ではなく、文構造(シンタックス)の内に明瞭に見いだそうとしているのだ。これはとてもドイツ語的。

もう一つ特筆すべきは、第3言語の介入による第1言語、第2言語の遊離現象は、今のところライティングとリーディングで起きてる。スピーキングとリスニングでは起きてない。目の運動と目からの情報と手の運動。そして、口の運動と耳からの情報。これらに関連性があるのかしら。

第3言語を習得し始めたことによって、過去に学んだもののすっかり忘却の彼方だったフランス語やスペイン語が急に口をついて出たり。

言語と脳の関係っていつでもfascinating。

Cicada

Cicadas, as Nymphs, live underground for as long as 3-17 years. This is an Incredibly long time to stay dormant in soil, waiting to be soaked up in sunshine, only if we see Cicadas’ life from our perspective with a sense of time that human cognition holds. Do Cicadas think, “oh man…. this is hella long…. when on earth can I get out of the darkness and become a Cicada?” ? Probably not. No evidence, but at least I don’t think so. Cicadas perhaps don’t even know the difference in length of time between the 7-year Nymph period and the 7-day Cicada period. I assume that their sense of time is different from ours, or they don’t have, so to speak, a sense of time at all. Therefore, I reckon, 7 or 17 or whatsoever years of their underground life is actually “the same” as 7 days of their sunny life. They are simply Nymphs when they are Nymphs. They are Cicadas when they are Cicadas. There isn’t such a thing as a short time or a long time. No comparison because there is no concept of time that we construct (I believe). Nymphs don’t bear a long and severe “sleeping” time for multiple years and long for being a full Cicada form. No waiting. No craving. The stages of Nymph, incomplete metamorphosis and Cicadas are all the same to them. When time comes, they change. They don’t get bothered. When they die after several days as Cicadas, they don’t regret, “Damn, this was too short despite my Nymph period!!”

This is actually amazing! No dissatisfaction of wanting to be something different. No frustration of being pended. No sorrow of being too short. A total paradigm shift of notion of time. I’ll live on the Cicadas’ time concept from now on. It will take a while to shift my cognitive process of time. But, eventually I will get there. Freeing myself from time.

祈りとお金は同じもの

8月20日から9月4日まで北カリフォルニアのベイエリアに帰っていました。第2の故郷として焦がれてやまない地。8月26日から9月2日まではバーニングマン。5年振りに訪れた砂漠は、異国の地、ベルリンに移り住んだばかりの私にとって十分過ぎるほど「ホーム」でした。どこに行けばいいか、何をすればいいか、どう振る舞えばいいか知っているープロトコルが脳内に組み込まれていることで人は安心感を得るのだと、ドイツからアメリカに行ってみて気付きました。日本ードイツでも、日本ーアメリカでも気付かなかっただろう第3の橋がゆっくりと築き始められた。
 
バーニングマンでは商業活動(バーニングマンオフィシャルが運営するセンターキャンプカフェと、バイタルな氷販売以外)が禁止されている。一方で、フェスティバルに参加するためには高いチケットを買い、砂漠で生き抜くための食料やシェルターを全部準備しなければならないので多額のお金がかかる。この二律背反は批判の対象によくなるのだけど、私はこれでいいのだと思っている。ブラックロックシティという都市を毎年1週間だけ作り、商業活動ではない別のエコノミーを実践する、その「習わし」を毎年踏襲することが大事なのだ。芸術作品は永続性があるかないかで価値が決まるわけではない。365日持続していなければ意味がないわけではない。リチュアルには機能がある。限られた時間だけでも試していくことが重要だ。その体験から得られたマインドは、回を重ねるごとに徐々に普段の行動を侵略していく。Positive Infection.
 
私はお金に付与された不要な心理的意味を洗い流し、お金が本来持つ純粋な機能を際立たせたいと思って今の生活を始めた。信頼を積み重ねた仲間が渡してくれるお金を礎として、あるがままの生き方に近づいて行く。お金とはカレンシー。流れるもの。エネルギーだ。人間が生み出した極めて精神性の高い道具。
 
何の契約も約束も返済もお願いごとも求められていないお金を手にした。いつ何にどう使おうと私の自由。散財してもいい。ナホらしく生きることだけを願ってくれる22名から、世界と人間を探求する時間を与えてもらった。彼らはお金という形で私に愛情を届けてくれている。言葉で応援するだけ、心で念じるだけではないコミットメント。私がどんな可能性を見出すかを楽しみに贈られるお金。
 
「祈りとお金は同じ。」
 
こんなフレーズが急に降りてきた、今日の帰り道。
 
お金と祈りは結局のところ、同じものになり得るのだ。エネルギー体であるという性質を同じくしているだけでなく、どんなエネルギーであるかという特徴すらも同一でありうる。(※お金がお布施のように神聖なコンテクストで用いられることは多々あるけれど、私たちの実験には宗教や信仰が絡んでいず、世俗的で感情的な人間同士の愛という関係性においてお金が巡っているところが大切なポイント。)
 
お金は様々なエネルギーを生み出す二次的(メタレベル)エネルギーだ。さまざまな行動を可能にしてくれる。ただ留意すべきは、すべての行動、活動にお金が必要なわけではないこと。だから、生きるためのどこにお金が必須で、どこは必須ではないかを見極めなければならない。この線引きが大事。なぜなら、何にでもお金は要るものだという前提で生きてしまっているのが現代社会の発達した都市部に住む私たちの固定観念だから。ここをディコンストラクトしていこう。

家を探してます。

今は家探しとビザの取得という実務的な準備の時期。それができて、やっと住めるようになります。何か区切りのあるアート活動をするとしたら、事務、法務的なことが整ってから「活動開始」すればいいだろうし、私自身、なんとなくそういう頭になってしまっていた。こーゆーことが終ってから、いよいよ始まる、始めよう。

1002832_10151466705701360_910508472_n

でも、人生をアートするってことに終りと始まりがあるとすれば、誕生と死しかない。(それすらもわからないもの。)言い換えれば、家探しやビザ取得もアートのプロセスってこと。ともすれば、「うげぇぇぇ」と面倒くさくなっちゃうこともある「タスク」を、どうやったらアートに転換できるんだろう?それがここ1週間くらいの自分への問いかけでした。

ヒッチハイクの感覚で、Tシャツに「家探してます!」ってプリントして街を歩くとか、見に行かせてもらった家の人にサプライズするとか、家探ししてる人たちと一緒に家探しプロジェクト始めちゃうとか、道ばたで目に入って住みたいと思ったアパートに突撃するとか、アイディアはどんどん出てくる。でも、私はそーゆー目立ったパフォーミングアートをしたいわけじゃなく、自分じゃない人がやった方がクールになるんだろーなー。という結論にいつも辿り着きました。

特殊なこと、誰もが「アート!」と一発で感じる「いわゆる」なこと、をする必要はない。私がふつーに家探しするプロセスを、私の視点で描くことがアートになるはず。

家探しではたくさんのベルリン在住者の住居空間を見学します。この街にはどんな構造の建物に、どんなデザインの部屋があって、どんな風に居住者は部屋を飾り、窓からはどんな景色が見えるのか、1つ1つまったく違った生活の形を垣間見れます。彼ら彼女らの職業、食べ物の好み、趣味、恋愛、日常の行動パターンなどを短時間で知る機会です。なかなかないよね。

他人の生活の一コマを切り抜いて、自分の生活の一コマがそこにはまるかどうか、重ね合わせてみる作業。

どの人にも人生のドラマがあって、切り抜き方によってはとってもアーティスティックになる。

映画のプロットのよう。エスノグラフィーのよう。

こんなアングルの家探し。そして、私が住むことで家や人が喜ぶような、「待ってました!」な部屋との出会いを引き寄せる。

いいご縁がありますように!

993073_10151467515956360_871752697_n

Embodying my Life as Art in the Selfmade City

Last Saturday, I participated in Flow Game. It’s invented by Danish who, I suppose, are involved in the Art of Hosting community. Flow Game is a game to “question your question.” It’s a profound quest for who you are and how you are. Players of the game are asked to ponder deeply and craft a “right-on” question that they can carry with and reflect upon at times. A question that matters not only in the present but also in the future. The question guides you to walk through an unclear path. The question prompts you to take the lead. The question helps you to sit back and take a deep breath.

Flow Game

The game was facilitated by Mary Alice. We worked together in 2011 in Japan. When the triple disasters hit the country, my friends and colleagues got a strong urge to offer space where young doers and leaders came together, expressed out themselves, nurture personal leadership, and build a community. Mary was one of the guest facilitators. One program we did based on her idea is still memorable. All the participants circled around a camp fire and confessed what to take away and what to let go off. We threw away in the fire a piece of paper where what to let go off was written. A powerful initiation that we desperately needed in the mist of abyss.

So. What is my question?

Two things immediately come into my mind: Room hunting (WG) and visa application. These are rather tasks than questions. Practical and superficial in a sense, but very urgent and important, and greatly linked with my intention to live in Berlin. Without such admin procedures, I’m not eligible to stay here in the long term.

To find my question, I keep thinking why I want to live here.

It’s because I want to make my life a piece of art. I believe that everyday life is art work. I don’t professionally paint or make sculptures. I’m neither a musician nor a digital media creator. How I lead a life, how I build relationships with people, how I work, what I say, what I write, how I love,,, all the things are my art. I hope to draw and curve beautiful lines of life.

While living in Japan, I created a profession for myself: Communication Process Designer, simply because I didn’t find any job or position that exactly fit my value systems. (I should write more about the concept and application of Communication Process Designer in another post;)) Basically, CPD is a lens that enables you to grasp all social phenomena in terms of human interaction. Communication is the smallest unit/particle of human activities, whether in family matters, work settings, school, or art scenes. Hence, designing each and every path of communication yields what you do, what you have, and how you are in life.

With the background of Organizational Psychology, my major experiment was to make a new theory of organization (it’s still going on.) The way that human beings flock into a group and form an organization to achieve larger goals and higher purposes. How do we do so? Is the current way working? What is an alternative way? What suits more to my philosophy? For the past four years, with allies, I kneaded my hypotheses and tried out to design multiple communities where new type of organizations (teams) and working styles emerged.

When you think of organization design and individual working styles, you can’t avoid facing the bigger systems such as theories of economics, laws, and polotics. Economics especially drew my attention. Organization studies were tied into economics since most of them started from measuring work efficiency (how to get tasks done) in the industrial fields. Indeed, in the present, majority of “hot” theories around corporate management and organizational development is influenced with “common knowledge” of business. Nevertheless, I kinda left it out and concentrated on purely designing a smaller scale of organizations (team and community) at that time, while always questioning the current economic systems, what worked and what didn’t.

But, time has come to begin a different experiment that allows me to explore even further. The experiment of organization, community, individual life, and socio–cultural-economic systems. My focus is now shifted to life as a whole. Specifically, to set about, I intend to address an alternative way of exchanging money with other stuff in capitalism and rational exchange economy (*I’m not an expert in Economics and might be wrong in using terminology in English…Excuse me!) To simply put, what I’m doing now is to exchange money with love and trust without ROI, obligations, benefits, expectations, promises, etc. The mainstream of usage of money is fine. Good! I have no objection to it. BUT, it’s weird to me that money can be exchanged only in a certain manner. In other words, we can “earn” money (almost) only for what is marketable and profitable in the current economic system. In my opinion, however, money should be able to be circulated into other places thoroughly in the eco-system. Why don’t we equivalently exchange money with love and trust?

I form a group of people who willingly and heartedly give away money to me so that I can live a life in Berlin. They truly want me to be myself, purely express myself. 22 people join so far and collective money reaches to over 2,500,000 JPY. We observe our behaviors and emotions that arouse through the experiment as the givers or the recipient, and discuss it, monitor it, and attempt to understand what the heck we are doing. All we know is that this money is a gift. They trust and love me. I trust and love them.

What will I do with all the money?

I will weave art pieces out of my life.

Why Berlin?

Because Berlin is known as the city made by its people and has freedom to be how you want to be. The notion of social sculpture has sprouted here. Everybody is part of making up the city by making up own life.

By the way, it’s not me but my friend who came up with an idea that I could be a social sculptor. I’m constantly being re-defined by my folks. Even if I have no clue who I am, the others do, sometimes. And Berlin will surely redefine myself and my community, while we play a role of making the city, we wish!

Also. My question is

How to invite Berlin to support me in fully embodying my life as a piece of art?

お父さんビデオ撮影

イタリアでサステナブル・シティ・プランニングを勉強したユキちゃんが、その学びを東京で発表する会にビデオ出演しました。

ユキちゃんからお題を2つ投げかけてもらい、それに対する解答をあいぽんを使ってセルフ撮影しますた。

Image

撮影に許された時間は30分!どうやって固定しようかキョロキョロした結果、こうなりました。

出来上がりはこちら。

宇宙と時間と意識とわたし

「我々から大マゼラン雲(LMC)までの距離が、2.2%の精度でほぼ49.97キロパーセクであることが示された。」(Nature)

私たちのいる太陽系から一番ご近所さんな銀河だって。

1キロパーセク=1000パーセク
1パーセク=3.26光年
1光年=9兆4600億キロ

うちの住宅地(約400戸)くらい銀河が密集してる集落とか宇宙にあるのかな。

宇宙は無限に全方向に続くのだとしたら、時間が「前」へ進んで行くという概念は存在しなくなるわけで、時間が可逆であるならば、時間は修正/改ざんできてしまうわけで、時間なんてないのと同じ。

ということは、空間的限界がある(と信じている)からこそ地球上では時間が存在していて、ということは、認識によって時間が存在するのだから、時間は非物理現象なのか?!?

自分の身体を構成する素粒子と、自分以外の個体、液体、気体を構成する素粒子は同じようにこの空間内に存在していて、実はあまり差がないと感じる。そして同様に、時間の粒子も空間内に存在しているし、意識の素粒子も存在していると思う。

時間と意識の流れは非可逆(図にするなら、左から右へ横軸を流れる)で、その線上に物質(身体や物体)が点のように置かれる(縦軸は場所を表す??)イメージが、私たちに日常世界だけれど、実際は、意識と時間と物質と空間は全部、一緒くたに似たような素粒子として浮遊しているのではないかなー?

空間が加わったのが3次元。時間が加わったのが4次元。意識が加わったのが5次元。

とか考え始めたら止まらない。

注:一切が妄想です。科学的根拠は論議できませんw

21世紀。浪人のススメ

そのうち、日本人としての誇りやアイデンティティを守るために日本国とは対立って図が将来できあがってしまったりするんだろーか。「国を脱して国を守る。」なんかガンダムみたいだな。

いま政治を仕切っちゃってるおじーちゃんたちは、「米国に負けて軍隊がなくなっったから現状に陥ったのだ。だから軍隊復活だ!」などと本気で思ってるんだろうな。こーゆー「実はイロジカル」なロジックを立てちゃう人が寄ってたかって集まると争いごとが起こるのだ。それは国同士でもチームみたいな小さな規模でも同じ。

敗戦して骨抜きにされた結果の今の日本の世の中でダメダメな部分もありまくりだ。それは事実。でも、敗戦と骨抜きというところがあったから出来上がった日本ってものがあるわけで。そこには今の日本の味も含まれるわけで。軍隊を保有しないのは本当に稀に見る、希少価値の存在だと思うんだけど。それをアドバンテージにしてグローバル戦略立ててくことってできる気がするのに。誰だっけ、革命を起こすには、その時に支配してる人たちが死ぬのを待てって言ったの。。。長寿の国の弊害か。

人間2000~3000年、同じことやり続けてきたから、そろそろ新しいことやろうか。そんなわけで、脱法治国家を妄想したりして。国自体がなくならないとしても、そこから脱して違う何かを生み出し始める人が動き出すのはあり。

例えば、日本人が流浪の民になる。このままじゃ本当に住めない土地になるかもしれないしね。

幕末じゃないから日本国内に限らず世界各国で浪人。

剣の代わりにインターネット。

世界に散らばり新たな国家民族の形をつくる。

土地に縛られない国。

…ガンダムの次は剣心かー。似て非なることをすでにやってるのはジューイッシュ(国家でも民族でもなく宗教に根ざしてるけど)と中国人か。ジューでも特に、チェルノブイリとペレストロイカを体験したロシアンジューから学べることは果てしなさそうだな。。

そんな時代の真っただ中。私の渡欧は、個人の生き様のためだけじゃない、大きなうねりの一部として担うものがあるに違いないという感触が強くなってきた。外にいるからできること。仕組みの枠から一旦外れてこそ、中に呼び戻された時に生み出せる熱量はとても違うんじゃないかな。組織論的にも新たなる実験。企業、教育、医療、政党、行政、国家、、、すべてが組織。

利己と利他が重なるところに、アートがある。